飼育率や飼育頭数から見るトリミングサロンの未来

この数字は我々トリミングサロンにとっても非常に大事な数字ではあるので、ぜひ注目をしたいところです。
Trimal 2024.05.24
サポートメンバー限定

ペットフード協会が毎年犬猫の飼育頭数などの推移をデータ化しています。

ペットフード協会も犬猫の数がメーカーの売上や利益が変わってきたり、長期的な戦略を決める上での数字としては非常に重要です。

ただ、犬の頭数が減り猫の頭数は増えているものの、猫は犬ほどフードを食べないので、高品質なドッグフードの開発をして単価アップを進めてきており、ペットフードメーカーの売上は推移は順調に伸びているようです。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4017文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
AIとトリミングサロン
サポートメンバー限定
テナントの選び方について意外と大事なこと
サポートメンバー限定
地方と都心どちらがトリミングサロン経営の難易度が高い?
サポートメンバー限定
トリミングサロン開業時にはキャッチコピーを決めよう
サポートメンバー限定
確定申告について考えが変わったこと
サポートメンバー限定
トリミングサロンの場所選びで大事なこと
サポートメンバー限定
トリミングサロンの家賃と単価設定について
誰でも
🐶trimalの中の人が経営で大切にしてきたことと自己紹介